MKS CLUB
 

株式会社エムケイエス

〒563-0047
大阪府池田市室町9-14A

TEL 072-751-6660
FAX 072-751-6656

 
会社紹介

 
 診療録を紙で管理していた時代から、コンピュータで管理する電子カルテの時代に移行しつつあります。電子カルテでは、診療録の取り出し・搬送が不要になり、情報の共有化が進みます。

 しかし、それだけが電子カルテのメリットなのでしょうか。現在のコンピュータのすばらしい能力を生かせば、記録データを分析して新たな知見を得たり、診断や治療法の決定などの局面で医師の判断をサポートするなど、医療の質向上に寄与するツールとなるはずです。

 電子カルテにこうした高度な処理をさせるためには、コンピュータが処理可能な形でのデータ登録が必要となります。ワープロ入力したデータを処理させることは、不可能ではないとしても、現実にはなかなか大変です。そこで、私達は、テンプレート方式での入力について研究開発してまいりました。一般には、テンプレート方式では、単純な内容については入力可能でも、複雑で多様な情報の入力は難しいと考えられてきました。

 私達は、入力された値に応じて次の項目が変化するテンプレートを考案し、複雑で多様な情報でもテンプレートで入力できるようにしてまいりました。また、入力データは構造化データとして登録されると同時に、ワープロでの記録と区別できないほど違和感のない自然な文書に変換して記録させる方法を開発しました。この入力システムは、NEC社と共同で開発し、ダイナミックテンプレートと名付け、NEC社の電子カルテシステムであるMegaOak-NEMR、MegaOak-HR等に標準で搭載されています。

 入力テンプレートを診療現場で便利に使うためには、利用者の思う言葉が、期待するタイミングで表示され、ストレスなく言葉が選択できることが必要です。そのためには、テンプレートのプログラムの機能だけではなく、項目・選択肢やその表示制御の設定が重要になってまいります。病院は、多くの専門職の集団であり、それぞれがそれぞれの専門用語を扱っています。従って、一つの病院で必要とされるテンプレートの種類は、膨大な数にのぼります。
これらをそれぞれの病院で準備するとなると、大変な労力を要することとなります。当社は、この問題を解決するために設立されました。

 当社では、医師、看護師などの医療職の方々の要望をお聞きしてテンプレートを作成し、作成したテンプレートをデータベースで管理しています。病院が異なっても、それぞれの専門領域で使われる言葉は共通しており、共通して利用できるテンプレートが多くありますから、それぞれの病院が個別に準備するよりもはるかに効率的となります。

 実際には、それぞれの医療職が、ご自身の診療に適したテンプレートとするために、他で作られたテンプレートをカスタマイズして利用したいとのご要望もあります。こうした要望にきめ細かくお応えし、医療現場で利用しやすいテンプレートを作成することに努めております。これまで、4000種を超えるテンプレートを作成し、今尚、テンプレートを作成し続けています。